「 緑肥 」 を上手に活用すれば肥料代は大幅に安く、さらに土壌改良も同時にできる


 農業で土づくりは永遠のテーマである。有機肥料を入れる。堆肥を入れる。耕作方法を工夫する。あらゆる手を尽くしても土づくりはなかなかできない。なぜなのだろうか。



 肥料を入れたら土ができるという思い込みの勘違いがまずある。肥料を入れても分解してくれる微生物がいなかったら土はできない。これは玄米アミノ酸のぼかしで証明できた。


 緑肥 

 もう一つ大きなことが見落とされていた。それはチッソ・リン酸・カリではない、微量ミネラルでもない、堆肥でもない。微生物ですらできないことがある。生物が生きていくうえで最も大切なことである。さらに、このことを知ると大幅にコストダウンが可能になる。

 それは緑肥である。緑肥は未熟のうちにそのまま土にすき込みをする。生の酵素がある。タンパク、ミネラル、ビタミン、繊維がある。緑肥の栄養分は成熟している時よりも未熟な若い時の方がはるかに大きく、エネルギーは高い。

 

 微生物をさらに生かすのも緑肥であるし、堆肥をさらに有効活用できるのが緑肥なのである。しかも格安である。確実にコストダウンができる。にもかかわらず緑肥を有効利用している生産者は殆どいない。なぜ緑肥の効力が生産者に伝えられないのだろうか。理由は簡単である。売る人がお金にならないからである。


 緑肥は大きく分けて二つしかない 

 禾(か)本科と豆科である。

 豆科はチッソ分は豊富でやせた土地を肥えた土地にするために使用する。白クローバーなどはガリガリにやせた土地でも育つ。

 禾(か)本科には麦、ソルゴー、イタリアングラス、オーチャードグラスなどがある。これはやせた土地には向かない。連作障害などの土壌バランスを修正することに効力がある。

 

 ここでは緑肥の種苗会社でも教えない貴重な情報をお伝えしようと思う。

 緑肥を活用する大きなポイント

 緑肥は未熟のうちにすき込みをして最大の効果を出せるものである。これを実現させるには種苗会社が指定する3倍の種を播種する。ここが緑肥を活用する大きなポイントである。

 指定の3倍もの種を播種すると緑肥は大きくなれない。大きくしてはいけないのである。未熟な植物がびっしりと育つ。これをすき込みするのである。しかも10アールで4kgものチッソ成分を含んでいる。果菜類なら 玄米アミノ酸ぼかし と緑肥だけで収穫できる。

 玄米アミノ酸ぼかしと併用する時は、まずぼかしをすき込みして 緑肥をまき、すき込みをするという順番になる。



 緑肥には驚くべき使い方がある 

 牛糞、豚糞、鶏糞の未熟堆肥は入れないほうがいいと伝えてきた。これは基本的に間違いではないし、チッソ・リン・カリ の過剰によって 発生する病害虫には頭を悩まされる。

 やってはいけないことをあえてやる。畑に家畜糞を入れる。そして緑肥の禾 ( か ) 本科の種をまき、すき込みをする。それから玄米アミノ酸ぼかしを入れてすき込みをする。これなら肥料代は最も安いコストですむ。そして土壌のバランスを崩すことはない。

 


 化成肥料で土が硬くしまった土壌 

 豆科の緑肥をまく。すき込みをする。玄米アミノ酸ぼかしを入れる。これなら化成肥料でも継続して収穫できる。


 雑草も緑肥になる 

 緑肥は禾本科や豆科だけではない。雑草も緑肥になる。しかし誤解をしてはいけない。成長して花が咲き実を付けた様な雑草は緑肥にならない。これは抜くしかない。

 背が5~10cmの若草である。これが出たらすき込みをする。除草剤が出回る前の稲田は手押しの草取り機ですき込みをしたのである。まさに緑肥だったのである。これはウイルス対策にもなる。雑草が出たらマメにすき込みをする。

 


 果樹の畑でも同じことが言える 

 下草をすき込むのである。誤解があってはいけないので念を押すと背の低い若草だけがすき込みできる。大きいのは緑肥にならない。


 どれ位で結果が出るか 

 3年が目安である。3年は続けないと土壌が良くなったとは感じられないはずである。


 緑肥と玄米アミノ酸ぼかしを併用すれば肥料代は驚くほどコストダウンができる。連作障害もなくなる。ウイルス病にも強くなる。いい事尽くめである。

 でもこれは現実に体験してみないとわからない。だからまずやってみてほしいのである。実は野菜のブランドで成功している産地はこの方法を取り入れている所が多いのである。競争相手が多くなるので、あまり言わないだけである。

 

 肥料代が値上がりをしたと言っても肥料代を安くする方法はいくらでもある。自分の栽培方法を見直すいい機会なのである。


楽して儲かる栽培玄米アミノ酸ぼかし

HOME商品案内ご注文役立つ情報玄米アミノ酸活用法特集目からウロコ情報